WAVESについて

WAVES Japanとは

WAVESはWe Are Very Educators for Societyの頭文字を取ったものです。

わたしたちはまさに社会のための教育者たれ!

We
栄養を専門にする医師、歯科医師、薬剤師、看護師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床検査技師、歯科衛生士、介護・福祉職などの医療人です。医療人とは医をとおして人々のためになることを率先して行う人のことです。
Are
食べて治す、食べて癒すことを基本に、個々の人々が持つ食力(しょくりき)を引き出し、栄養で人を幸せにするお手伝いをします。
Very
最新の代謝栄養学の知識と臨床の場で培った知見を、医療人としての規範に基づいた行動を通して、まさにみずから一歩を踏み出して社会に還元していきます。
Educators
健康人の栄養状態の維持・向上と高齢者の地域医療福祉の基盤確立のための市民栄養教育プログラムを提供します。
Society
病院や施設と地域をつなぐAll of Lifeの栄養サポートを実践し、超高齢社会の日本の課題解決に役立てることで社会に貢献します。

WAVES JapanはWAVESの考え方をベースに、その活動を実践するために設立された、社会貢献を目的とする一般社団法人です。

WAVES Japanの理念

栄養を幸せのちからに。

栄養はわたしたちの健康をつくり、いのちを養います。
だれものいのちが輝くものであってほしい。
だれもがその人が望む人生を送ってほしい。
栄養を幸せのちからに。
わたしたちは栄養で人を幸せにするお手伝いをします。

栄養を幸せのちからに

理事長挨拶

一般社団法人 WAVES Japan 理事長 東口 髙志

みんなで、みんなを支え合う。

日本の高齢者が直面する低栄養という問題をどう解決していくのか。
栄養を専門とする医学や医療界が社会から突き詰けられている課題です。

しかし、低栄養という問題の根本的な解決には、広く社会で問題を共有し、
協働して解決にあたっていく姿勢が求められます。

日本では、医療の場で栄養サポートを行う多職種からなる専門チーム(NST)が稼働し、世界でもトップレベルの栄養サポートを行っています。

入院する患者さんの栄養状態を管理し、適切な介入を行うことで、病気からの早期回復を促し、1日も早い社会復帰の実現などの成果を導き出しています。

その一方、低栄養が進み、栄養状態が悪くなってから入院する患者さんや、病気が治り退院しても、その後の生活で栄養状態が悪化し再入院を繰り返す患者さんなど、病院に入院する前と後、病院の外の生活の場での栄養サポートが行き届かず、病院の場だけの栄養サポートに限界があることも事実です。

病院だけでなく、地域の場でも高齢者の低栄養を見守る仕組みをつくれないだろうか。
WAVESの原点は医療人のそうした思いにあります。

地域の場で医療人が市民に低栄養の知識を伝え、低栄養の知識を得て理解を深めた市民が周囲の高齢者を見守る。
市民と医療人が連携して低栄養の予防と改善をしていく。

WAVESは地域と病院をつなぎ、地域の高齢者を見守る、市民と医療人の協働の取り組みです。
みんなで、みんなを支え合うことで、低栄養は予防し改善できます。

だから、WAVESなのです。

一般社団法人 WAVES Japan
理事長東口 髙志

WAVESという考え方

3つの柱で知行合一の栄養を実践する。

WAVESは3つの事業軸で成り立っています。

“気づき”
広く社会や地域に対して 低栄養を啓発する「元気に食べてますか?」
“学び”
低栄養の知識を伝え、 理解を深めてもらうWAVES【アカデミー】
“実践”
地域に低栄養を予防し改善する 仕組みをつくるWAVES【ベース】

3つの事業は“気づき” “学び” “実践” のステップを踏んで、市民の健康を支援するネットワークを段階的に地域に構築していきます。

WAVES3つの事業軸